Canon CINE-SERVO 50-1000mm T5.0-8.9 PL Manual (ja, en, zh)

Download
10
11
[ I-Gain ]
[Adj]
[ ]
MENU
1
A
Fr1P
[ Basic ]
[Trk]OFF
[I-Tq]H
[ I-Gain ]
[Trk]OFF
MENU
[Adj]
[ ] 1
A
Fr1P
[ Basic ]
[I-Tq]H
[ I-Gain ]
[Trk]ON
MENU
[Adj]
A
Fr1P
[ Basic ]
[I-Tq]H
[ ] 1
 
 
or
デジタル機能を活用する
ズームトラック機能
ズームコントロール域(ズームトラック)を任意のズーム範囲に制限します。
選択項目
OFF
ON
機  能
ズームトラック無効
ズームトラック有効
 
デフォルト
点滅
ズームトラック機能の
ON/OFF
ズームトラック位置の設定
1
設定したいズームトラック位置にズーミングし、その位置を保持します。
2
MEMO 
スイッチを押しながらアイリス瞬時オートスイッチを押します。望遠側であれば望遠
端、広角側であれば広角端のズームトラック位置として記憶されます。
3
望遠側、広角側それぞれについて   ∼   項の操作で設定します。どちらか一方の側だけを設
定することもできます。なお、同じ側の設定操作を繰り返すと、最後に設定された位置が記憶さ
れます。
で選択
Top
画面
デジタル機能を活用する
シャトルショット
記憶させておいたズームポジションと現在のズームポジションとの間を、最
高速でズーミングします。
シャトルショット機能を使用するには、シャトル機能『Shtl』をVTR、RET、AUXスイッチに割り付けて
おく必要があります(P7参照)。
シャトルメモリーポジションの設定
1
記憶させたい任意のズーム位置にズーミングし、その位置を保持します。
2
MEMO
スイッチを押しながら『Shtl』スイッチを押します。
記憶したポジションは電源を切った後も記憶されています。
現在のズームポジション
元のズームポジション
シャトルメモリーポジション
『Shtl』スイッチを放す
『Shtl』スイッチを押し続ける
最高速度
最高速度