Olympus Electornic Flash Waterproof Case: PFL-E01 (for the FL-36) Instruction Manual (ja, en, fr, de, es, ko)

Download
25
Jp
Q8:水没事故の原因を教えてください。
A8:水没事故は主に下記のことが原因で起こります。特に念入りに確認してください。
(1)Oリングの取付け忘れ
(2)Oリングの一部または全部が溝から外れていた
(3)Oリングの傷、変質、または変形
(4)Oリングへの砂・繊維くず・髪の毛等異物の付着
(5)Oリング溝、前蓋部Oリング接触面への砂・繊維くず・髪の毛等異物の付着
(6)プロテクタを密閉する際の、シリカゲル包装袋等の挟み込み
(7)船上から海へ放り投げたり、プロテクタを持ったまま水中に飛び込む等プロテクタに
瞬間的に強い力がかかった時。水中に入る際は手渡しを行うなど衝撃を与えないよ
うご注意ください。
Q9:Oリングメンテナンスの注意点を教えてください。
A9:下記の点にご注意ください。
(1)Oリングはクリーニングの際にアルコール・シンナー・ベンジン等の有機溶剤や化学洗剤
の使用は避けてください。これらの薬品を使用するとOリングが変質し劣化を速めます。
(2)
グリスはオリンパス純正のシリコンOリング用
(白キャップ )
グリスをお使いください。
PT-008までのプロテクタに付属のグリス(赤キャップ)や他社製のグリスは本シリコ
ンOリングに適しておりませんので、使用すると表面が変質して防水機能を損なうこ
とが有ります。
(3)長期間使用しない時はOリングの変形を避けるためにOリングをプロテクタから外し
て専用グリスを薄く塗り、清潔なポリ袋等に入れて保管してください。再度使用する
場合はOリングに傷・ひび割れがないこと、弾力が十分にあること、表面がべとつく
等の異常が無いことを確認した上で専用グリスを薄く塗り直してご使用ください。
グリスは塗りすぎても防水機能や許容耐圧は上がりません。かえって砂やゴミなどが
付き易い結果になります。薄く均一に塗ることで最大の効果を発揮します。
(4)Oリングは消耗品です。少なくとも1年に1回は交換するようにしてください。
(5)Oリングは使用状態、保管環境などによっては劣化が促進されます。Oリングメンテ
ナンス時に傷、ひび割れが入っていたり、弾力が無くなっていたらすぐに新しいもの
と交換してください。
Q10
:プロテクタメンテナンス上の注意を教えてください。
A10
:下記の点にご注意ください。
(1)洗浄・防錆・防曇・修理等の目的で下記の薬品類を使用しないでください。
・プロテクタをアルコール・シンナー・ベンジン等の揮発性の有機溶剤や化学洗剤で
洗浄しないでください。洗浄は真水またはぬるま湯で十分です。
・防錆剤等を金属部分に使用しないでください。金属部分はアルミおよび真ちゅうと
ステンレスです。真水による洗浄で十分です。
・市販の防曇剤を使わないでください。必ずオリンパス純正の防曇剤シリカゲルをご使
用ください。
・修理等の目的で接着剤を使用しないでください。修理が必要な場合は弊社サービスス
テーションまたはお買上げの販売店にご相談ください。
PFL_E01_JP  2005.5.25  5:39 PM  ページ25